天然石

ホワイトムーンストーンの意味と効果は?相性と浄化方法

ホワイトムーンストーンはその名前が示すように月の光を宿したような神秘的な石です。優しい白色で、見ているだけも癒される人気の石です。

ホワイトムーンストーンの持つ意味や効果ホワイトムーンストーンと組み合わせるのに相性のいい石ホワイトムーンストーンを浄化する方法などをご紹介します。

ムーンストーンの意味

ムーンストーンは「永遠の愛を象徴する石」

古くから月の輝きが結晶した石だと信じられ、その神秘性から「聖なる石」として崇められてきました。

月は潮の満ち引きに関係することからは女性の性の象徴とされ、そのエネルギーを持つムーンストーンは女性を守る石とされています。

月のエネルギーは、女性として生まれた時から愛の女神として、秘められた神秘性を授けてくれたのです。

また、ムーンストーンは「愛を伝える石」とも言い伝えられ、持つ人を優しく大きな愛情で包んでくれると言われています。運命の人との出会いを引き寄せ、恋愛を成就させ、幸せな結婚へと導いてくれる「永遠の愛を象徴する」パワーストーンです。

ホワイトムーンストーンの効果

ホワイトムーンストーンは恋愛運に効果をもたらす石

古くから愛する人への想いを伝える石として使われてきました。片思いの相手に告白する勇気が出ないとき、ホワイトムーンストーンを身に付けることで意中の人と近付けるきっかけを引き寄せると言われています。

また、同じ波動を持った人との出会いをもたらしてくれるでしょう。遠距離恋愛のカップルやこれから愛を実らせたいという人にも効果を発揮するでしょう。

情熱的なパワーを持っているため、パートナーとのマンネリを感じている人や、復縁を望む人にも新鮮なエネルギーを与えてくれます。

恋人たちの石と呼ばれています

中性ヨーロッパでは、恋人たちがお互いにホワイトムーンストーンを贈り、愛や絆を深める習慣がありました。お互いが持つことで愛情をより感じやすくなるそうです。愛のお守りとして恋人同士で贈り合ってみてはいかがですか?

そんなホワイトムーンストーンのパワーから「恋人たちの石」とも呼ばれています。

恋人たちの石だなんてステキですね!

ホワイトムーンストーンがヒーリング効果や女性特有の不調に効果があるとされる理由は?

人間の身体は月の満ち欠けで少なからず影響を受けていると言われています。この世にあるものは絶え間なく変化し、一定のサイクルで変わり続けており、人の心も常に一定というわけにはいきません。この石は持つ人の様々な心の変化に合わせて波動を調整してくれるのです。

一見すると繊細な石に見えますが非常に自浄性の強い石で、周囲の悪影響を受けにくく、どのような状況でも安らぎと癒しのパワーを絶やさず発揮してくれます。

女性の性を高める力で、女性特有の不調を和らげる効果があると言われています。

生理痛や更年期障害などの悩みを軽減し、出産に際して安産を助けるパワーをもたらすと言い伝えられてきました持つ人を穏やかで優しい気持ちにさせてくれることから、うつ病、ノイローゼなどで悩む人にも効果が出るとされています。

ホワイトムーンストーンはこんな方におすすめ

  • 恋愛を成就させたい人
  • 女性特有の悩みを持っている人
  • 心の安定を求めている人

神秘的な「永遠の愛を象徴する」ムーンストーンは恋愛を成就させたい人にぴったりなお守り石です。身に付けることで秘めた思いを幸せな方向へ導いてくれるでしょう。大切な人へのプレゼントにも最適と言えます。

また、女性特有の不調を感じている人には症状の緩和が望めます。心の安らぎや癒しを求めている人には温かい母性で包むように情緒のバランスを整えてくれるでしょう。ご自身用、悩みを持たれている人や出産を控えている人への贈り物にも重宝されるパワーストーンです。

6月の誕生石ですので誕生日プレゼントにもおすすめです。

ホワイトムーンストーンと相性のいい石は?

ホワイトムーンストーン+インカローズで恋愛運アップ!

どちらの石も恋愛運が強く、永遠の愛を実らせる効果は絶大で、パートナーとの絆を強くする抜群の相乗効果をもたらします。インカローズは「バラ色の人生を導く石」として内側からの情熱的な愛で幸せを引き寄せます。ホワイトムーンストーンの持つ癒しの愛の力、生理的な部分のバランスを整える力が作用するため、女性にとって理想的な相性の石と言えます。

ホワイトムーンストーン+ラブラドライトで将来運アップ!

月の象徴である2つの石は直観力や冷静な判断力に優れ、未来を予知し行動することから抜群の相性と言えます。

ラブラドライトは「月と太陽を象徴する石」で潜在意識に働きかけ、洞察力や想像力を高める石です。ホワイトムーンストーンとの相乗効果で神秘的な力が増し、感受性を高めた冷静な判断が自分の行くべき道へ導いてくれるでしょう。

ホワイトムーンストーンを浄化する方法は?

日光 月光 水晶

ムーンストーンを浄化するなら満月の夜の月光浴がベストです。

月のエネルギーを秘めると言われるムーンストーンは、そのパワーが最大になる満月の夜に月光浴での浄化がおすすめです。また、同時にエネルギーチャージも出来ると言われているので一石二鳥です。

満月の夜は一番効果があると言われていますがムーンストーンはその中でも飛びぬけて効果があります。新月から満月までの間の月光も効果があり、月光が当たらなくても効果に変わりはありません。

すぐに浄化したいならセージ(煙)での浄化がオススメです。

ムーンストーンに適さない浄化・保管方法

ムーンストーンは扱いやすいパワーストーンで、特に適さない浄化・保管方法はありません。紫外線や水にも強い石です。身に付けた後は柔らかい布で汚れや汗を拭きとり、個別で保管されることがおすすめです。浄化はこまめに行うことで石のエネルギーの衰えや劣化を防げます。

まとめ

月は古代より夜の明かりのように地上を照らし、その月を象徴するホワイトムーンストーンは「聖なる石」として聖職者が身に付けたり、豊穣のお守りとされました。旅人が安全を祈願して身に付けた逸話もあります。

また、「永遠の愛を象徴する石」と呼ばれ、持つ人を大きな愛で満たし、女性の性の象徴として女性を強くサポートしてくれます。

月の優しい輝きのように心を穏やかに包むヒーリング効果も優れ、直観力やひらめきを高めてくれる石です。

お守りとして身に付けられて神秘の力を感じてみてください。

名前の由来

ホワイトムーンストーン(White Moonstone)

ギリシャ語で月を意味する「セレネー」「セレニテス(Selenites)」が語源。石の光り方が月の満ち欠けによって異なることから名付けられました。

ホワイトムーンストーンの特徴 ムーンストーンは2つの異なった石の層を持ち、相互に反射することで「シラー効果」と呼ばれるぼんやりした柔らかい光を放つのが特徴です。

産地によって様々な種類があり、色の特徴やシラー効果によって名前が付けられ、多くの種類が産出されています。優しい乳白色のベースカラーで、シラー効果もホワイトのものがホワイトムーンストーンと呼ばれています。

鉱物名 正長石(オーソクレイズ)に属し、曹長石(アルバイト)成分も含む。
和名 月長石(げっちょうせき)
誤称 「聖なる石」「愛を伝える石」
主な産出地 スリランカ、インド、タンザニア、ミャンマー
硬度 6〜6.5
対応チャクラ 第4チャクラ、第7チャクラ