天然石

3月の誕生石アクアマリンの意味と効果は?相性と浄化方法

透き通るようなアクアマリンのブルーは、見る者すべてをとりこにする美しさを持っています。

また、アクアマリンは3月の誕生石といわれているため、3月生まれの方の象徴として宝石やパワーストーンとして愛されています。

そんなアクアマリンの意味と効果、さらに相性のいい石や浄化方法などについてお話ししていきましょう。

アクアマリンの石言葉、石に込められた意味

アクアマリン幸せな結婚をもたらす石!

アクアマリンと聞くと、多くの人が「海」「水」「透き通ったブルー」というようなイメージを思い浮かべるのではないでしょうか。

アクアマリンという名前は、実はラテン語の「海」を意味するマリンと「水」を意味するアクアからつけられています。

見た目やイメージ、そして名まえが見事にマッチしたパワーストーンといえるでしょう。

アクアマリンが幸せな結婚の象徴だといわれる理由は?

水や海といった意味をもつアクアマリンは、その名の通りとても優しくたおやかなエネルギーを放っています。

眺めているだけで、心が静かにおちついていくのを感じたり、大きな海に浮かんでリラックスしている想像がたやすいのは、そうした理由からなのではないでしょうか。

そんな柔らかなイメージのあるアクアマリンですが、人生のパートナーをつれてきてくれる石としてもしられており、結婚を象徴する美しい石と言われています。

また、わたしたちは一番身近な人間関係のレッスンとして、誰かに恋をして愛を学び「結婚」というさらなるステージにたつわけですが、そこでは数え切れないほどの課題が用意されています。

その課題に取り組むごとに、わたしたちは許し許されることを学びながらさまざまな経験を積んでいきます。

そうした中で、時には心が傷つき疲れ、羽を休める場所を探すこともあるはずです。

アクアマリンは、そうした心を癒やしてリラックスを与え、お互いに見つめなおす機会を与えてくれる結婚生活のお守りのような存在でもあるのです。

アクアマリンの効果

アクアマリンが理解力をアップさせてくれる、その理由は?

透明感溢れるブルーが美しいアクアマリンは、表現する力を高めてくれるといわれています。すべての人たちが思っていることや考えていることを、上手に言葉にして表現できるかといえば、決してそうではないことはご存知の通りです。

言葉の行き違いで、人間関係が思わぬ方向にいってしまうことは決して珍しいことではありません。そのたびに自分の無力さを痛感する人もいるのではないでしょうか。

アクアマリンは、頭の中にあるイメージをうまく言葉として表に出していける力をアップしてくれるといわれているので、自分の表現する力だけではなく相手のいわんとすることを理解する力も育ててくれます。

このように、持つ者だけではなく、そこに付随するすべての人たちに対してもポジティブな影響を与えてくれるのが、アクアマリンの素晴らしいところです。

アクアマリンと相性のいい石は?

アクアマリンは、同じブルー系統の石であればほぼ相性はよいとされているようです。

その中でも特におすすめの組み合わせを3つほどご紹介していきますね。

アクアマリン+ブルーレースアゲートで機転を利かそう!

ブルーレースアゲートは、人間関係を円滑にするだけではなく癒やし効果がとても高い石です。

アクアマリンと組み合わせることで、物事の理解力が高まり察知能力がアップするので、頭の回転が早くなり物事がスムーズに進むようになります。

アクアマリン+サファイアでセンスをアップさせよう!

サファイアは、芸術的センスや知性をアップさせるといわれているとても美しい石です。

アクアマリンとサファイアを組み合わせることによって、あなたがもともと持っている美的センスがさらにアップするので、ファッションも芸術も楽しむことができるでしょう。

アクアマリン+ラブラドライトで愛を受け取ろう!

ラブラドライトは、宇宙からのエネルギーをキャッチする能力が強いといわれています。

幸福や調和、癒やしのエネルギーをもつアクアマリンと組み合わせることによって、宇宙の真理である愛を仲間たちやパートナーなどから学ぶサポートを得られるでしょう。

アクアマリンを浄化する方法は?

アクアマリンの浄化方法は、その名まえから想像するにたやすく、決して難しいことではありません。おすすめの浄化方法と、避けるべき浄化方法をあげていきましょう。

日光 月光 水晶
× ×

アクアマリンの浄化には、「水」がおすすめ!

アクアマリンの名まえの通り、流水での浄化が一番いきいきと喜ぶ波動が伝わってきます。

流水での浄化のあとは、水晶クラスターの上に乗せることでパワーチャージもできるので、ぜひやってみてください。

そのほかにお香やセージの煙、音叉や月光浴もアクアマリンには向いている浄化方法です。

アクアマリンは、太陽の光が実はあまり得意ではありません。

長時間太陽光に当てていると、時間の経過とともに色が褪せてきますので避けたほうがいいでしょう。

また、塩での浄化もできないことはありませんが、もしどうしてもしたい場合には海でくぐらせる程度がいいでしょう。

アクアマリンは色によって意味が違う?

アクアマリンは、美しいグリーンがひときわ輝くエメラルドと同じベリルという鉱物です。けれど、両者がまったく異なった色をしているのは、エメラルドよりもアクアマリンのほうがわずかに鉄分を含んでいるためといわれているのです。

しかし実際にはもっと多くの「同胞」ともいうべき石たちが存在しているのをご存じでしょうか。鉄分やバナジウム、マンガンやクロムなどの元素が混入することで、他の色合いをもつ鉱物が存在します。

ブルーのベリルをアクアマリンといいますが、他の色についてもご紹介していきましょう。

グリーンのベリルはエメラルド

象徴とされる意味:永遠の若さ、幸福、聡明、気品

ピンクのベリルは女性らしさを持ったモルガナイト

象徴とされる意味:謙虚、自立、清純、愛情の本質 、洞察力の向上

イエローグリーンやイエロー、褐色系のベリルはヘリオドール

へリオドールのほかに、イエローベリルやゴールデンベリルとも言われています。

象徴とされる意味:希望、輝く日

透明のベリルはゴシェナイト

ゴシュナイトやゴーシェナイトとも言われています。

象徴する意味:気品・聡明(そうめい)・優雅

美しく鮮やかなレッドのベリルはレッドベリル

ビクスバイトとも呼ばれています。

象徴する意味:幸福、永遠の若さ

まとめ

3月の誕生石であるアクアマリンは、持つ者だけではなくその周りすらも癒やし、生きやすくするエネルギーを持っている優しい石だということが、感じ取れたのではないでしょうか。

ちょっぴり休みたいとき、無理をせずにアクアマリンをそばにおいて、次のステップアップのためのパワーを温存するといいかもしれませんね。

鉱物名 ベリル
和名 藍玉(あいだま)
別名 天使の石
硬度 7.5〜8
主な産出地 ブラジル、ナイジェリア、モザンビーク、ザンビア、マダカスカル
対応チャクラ 第5・第6チャクラ