コラム

パワーストーン(天然石)ブレスレットの浄化方法を紹介

パワーストーン(天然石)の浄化とは?

物には邪気や澱み、人の想いが溜まりやすいものです。

パワーストーンも然り、体内の澱み(よどみ)や邪気、想いなどの念やエネルギーを吸収してくれるので、定期的にクリーンな状態へと戻してあげることが必要です。

クリーンな状態へ戻すことを「浄化」と呼びます。

石を身に付けることにより、その石特有のパワーや恩恵を受けることができます。

そのパワーをより強く引き出すことができる様に、石を浄化します。

パワーストーン(天然石)へ行う浄化の頻度は?

では、実際にはどれくらいの頻度で浄化を行うのがベストなのでしょうか?

これは、ライフスタイルにも関係や状況にも関係してきます。

一般的な場合

一般的な場合は、毎晩さざれ石のお布団の上で休ませてあげることで、石のパワーは回復し、浄化されます。

AAA 水晶 さざれ 1kg 浄化 さざれ 天然石 パワーストーン

AAA 水晶 さざれ 1kg 浄化 さざれ 天然石 パワーストーン

1,530円(11/18 16:56時点)
Amazonの情報を掲載しています

さざれ石がない場合は、流水、セージを使った浄化など、1週間に一回行うと良いでしょう。

深い悩みを抱えてなかなか解消できない問題がある方は

深い悩みを抱えている問題がある方の場合、できれば毎日、その石へ合う浄化方法での浄化をオススメします。

例えば、対人関係に問題がある方の場合は自分を防御するために石が対人からの負のエネルギーを受けないよう、必死に守ってくれています。

そのため、石に吸収されるエネルギーは不浄のものが多く、浄化しなければ身につけている人の身体に悪影響を及ぼす恐れがあるのです。

ですので、なるべく毎日石へ合う浄化方法で、石の不浄のエネルギーを浄化しクリアな状態にしてください。

パワーストーン(天然石)の浄化方法の種類

その石の硬度や特性などにより、流水での浄化、月光、日光による浄化など、浄化にも種類があり、それぞれの石に合った浄化方法をすることで石が喜び、石本来のエネルギーが増します。

毎日身に付けるパワーストーンだからこそ、定期的な浄化をし、心も身体も常にポジティブに生きたいですね。

パワーストーンの浄化方法別のやり方を解説

  1. 水晶(クリスタル)
  2. 煙(セージ、お香)
  3. 日光(太陽)
  4. 月光

いくつか浄化方法にも種類があります。一つずつ解説します。

1水晶(クリスタル)

水晶はクラスターやさざれ石の浄化方法が一般的です。

水晶のクラスターなど、産地により透明度や形状、価格が変わってきます。

四大産地」として広く知られているのはヒマラヤ産に始まり、中国産ブラジル産アーカンソー産が挙げられ、水晶の多くはここから産出されています。

ヒマラヤ産 スピリチュアルなパワーが宿っているとして人気
アーカンソー(アメリカ)産 透明度が高く、小さいクラスターが多く人気。 近年、採取量が減り希少価値がつき良質なものは高額に。
ブラジル産 世界有数の水晶産出国で、アメジストなどの鉱物の産出国でもあります。水晶の透明度が他国と比べると若干透明度が落ちます
中国産 透明度はかなり高く、針山のように密集したポインターが特徴のクラスター。菊の花などに見えることから、日本人に人気です
項目名 ここに説明文を入力してください。

中でもヒマラヤ産の水晶は、神の山の聖地として有名な「ガネーシュヒマール山」「マニカラン水晶」など、スピリチュアルなパワーが宿っているとされています。

水晶のクラスターやさざれ石などは、浄化アイテムであると同時に、浄化アイテムとして使っている水晶を流水などで浄化することをオススメします。

クラスターやさざれ石は負のエネルギーを吸い、浄化をしてくれているアイテムです。

浄化アイテムとして、負のエネルギーを溜め込まずに浄化することで水晶は元気を取り戻し、浄化へエネルギーを注ぎ込むことができるようになります。

できれば2〜3日に1回は浄化をしてあげてください。

水晶の浄化に適した石

全ての石

2煙(セージ、お香)

煙による浄化方法の代表的なものは、セージと呼ばれるハーブを用います。浄化へ用いるセージは「ホワイトハーブ」です。ホワイトハーブは、ネイティブアメリカンの儀式などに古くから用いられ浄化に効果的です。

また、お香による浄化も効果的です。

お香による浄化でよく利用されるのが、白檀、ナグチャムパなどです。

高野山のお線香 特選白檀高野霊香 5寸13cm 大箱

高野山のお線香 特選白檀高野霊香 5寸13cm 大箱

1,404円(11/18 16:56時点)
Amazonの情報を掲載しています
1618 Gold Nag Champa ナグチャンパ スティック インセンス お香

1618 Gold Nag Champa ナグチャンパ スティック インセンス お香

2,700円(11/18 16:56時点)
Amazonの情報を掲載しています

白檀は、精神をクリアにし、癒す効果があります。空間の浄化にもこのお香を焚くことでその場の気を良いものへ浄化することができます。

煙(セージ、お香)の浄化に適した石

全ての石

3音

音の浄化については、クリスタルチューナーが効果的です。

クリスタルチューナーというのは何か?それは文字通り音により浄化を行うために活用するための商品で、お値段も一万円以下で購入することが出来ます。

利き手に音叉を反対の手にはクリスタルを持ち、4096Hzの音を響かせることで空間や石の浄化を行います。

浄化方法は簡単です。

利き手に音叉を反対の手にはクリスタルを持ち、4096Hzの音を響かせることで空間や石の浄化を行います。

浄化作用をパワーストーンへ運用する場合は、石の近くで響かせましょう。

音がこもっている(聴き取りにくい)と感じる部分を重点的に行うのが吉。

こもっていると感じた部分こそが石に停滞したエネルギーの位置となるため、音の澄み具合、空間の気が変わりますのでそれを判断基準にしましょう。

通常クリスタルチューナーを使い清浄な状態にする場合は1分以上の時間を目安に行うのがベターです。

ただし音が鈍いと感じる場合は、3~5分程度の時間を目安に。逆に音が澄んでいると感じる場合は逆に時間を短くしても構いません。

また空間の浄化には適していますが、ある特定の物(天然石など)を浄化したい場合は流水や煙、水晶の細石などの方法の方がより効果的です。

なぜ4096Hzなのか?

実は、地球の基本振動周波数に関係しているのです。地球の基本振動周波数は、8hz。

8hzは、私たちがリラックスをする時に出るα波の周波数帯域なのです。そして、8hzを9オクターブ以上上げた倍音こそ、4096hzなのです。

地球の周波数とされる4096hzは地上と天を繋ぐ「幸福の音」や「天使の周波数」「天使の領域へと至る音」とも呼ばれ、澄んだ高音が特徴でヒーリング作用があるといわれています。倍音だからこそ、最高の浄化とも言われあらゆるものを浄化します。

空間、モノ、そしてネガティブな感情さえも浄化してくれます。

音の浄化に適した石

全ての石

4水

水を使うことで、手軽で簡単に浄化ができます。

水といっても、溜まっている水とかではなく、必ず「流水」でなければいけません。

これは、不浄を洗い流すと言われており、すぐ出来る浄化方法の一つです。

外出先で石が元気がないなーとか、石が濁ってきたなど、パワーストーンならではの現象、感覚があります。

そんな時は、ミネラルウォーターを買い、石へ掛け流しをすることで、簡易的に石を浄化することができます。

水に弱い石もあるため、事前に石の性質などを知っておく必要があります。

水の浄化に適している石

水晶系全般、アメジスト、カーネリアン、オニキスなど

5日光(太陽)

陽の光を使った浄化方法があります。

これは、太陽のエネルギーを吸収することで陽の気を取り入れることができるのです。

効果的な陽の浄化方法は、早朝に石を流水で浄化した後、水晶の浄化とともに、天日干しにすることで不浄のエネルギーを浄化することができ、太陽の気を取り入れられます。

「水の浄化」と「水晶の浄化」、「陽の浄化」の3つを組み合わせることにより、相乗効果で強力な浄化ができます。

陽の浄化に適した石

水晶のさざれ石、ターコイズ、スギライトなど

6月光

fullmoon月の光で浄化する方法もあります。これは主に、満月の夜にする方法です。

昔から満月の夜には変わったことが起こるといわれるように、月には神秘的な力があるといわれています。
柔らかで優しいエネルギーを持っている月の光。その優しいエネルギーと多くのパワーストーンとの相性が良く、浄化において高い効果があります。

特に新月、満月の夜に行うのが月のエネルギーが満ちているタイミングなので良いとされています

月光の浄化に適した石

ターコイズ、ローズクォーツ、ムーンストーンなど

7塩

塩による浄化方法は塩へ埋めるという方法です。

これは、小皿へ自然塩(岩塩)を盛り、その中へ石を入れるというものです。

盛り塩 清め塩 250g【加持・祈祷済み】

盛り塩 清め塩 250g【加持・祈祷済み】

950円(11/18 16:56時点)
Amazonの情報を掲載しています

風水などでも、気の浄化などには塩を盛り、それを空間などに置くということをしますよね。

それと同様に、塩を盛り、その中へ石を15分から30分くらい入れ、その後、石を取り出し流水でさらに浄化するという方法を取ります。

浄化が終わった塩は、負のエネルギーなどをたくさん含んでいるため、ゴミと一緒に出しちゃってください。トイレなどには流さないようにお願いします。トイレは負のエネルギーが溜まりやすく、タンクなどに水を溜めて置く為、塩は水に溶ける為、流さない方が良いでしょう。

塩の中に入れるため、アクセサリーにした石(金属の部分がある)などには、この浄化方法は不向きです。

塩の浄化に適した石

ローズクォーツ、サードオニキスなど

パワーストーン(天然石)のパワーより良く発揮させるために必要な3つのこと

これから紹介する3つのことを注意するだけで、パワーストーン本来の力をより良く発揮させることができます。

1お風呂などには入れない

温度の急激な変化、温泉などの成分、塩素や塩分は、石によっては弱いものもあるため、お風呂や温泉、プールに海、サウナなどには身につけて入らないように(特に色のついたもの)

変色したり、傷みの原因になります。

2汗がついたら拭き取る

汗の塩分は石に強く作用するため、汗をかいてしまったら拭き取るか、流水で浄化し、流しましょう。

3石の特性を知る

石を粗末に扱ったりしても、石が持ち主に害を起こすことはないですが、硬さや性質など鉱物としての特性を理解することで、変色、傷みを最小限に防ぐことができます。

最後に:買ったばかりのパワーストーンブレスレットは浄化すべき?

買ったばかりのパワーストーンブレスは、必ず浄化が必要です。

あなたの元へ迎え入れるまでに、いろんな人の念や気に晒されています。もしかしたら、不浄なエネルギーを吸ってしまっているかもしれません。

身につける前には、そういったエネルギーを全て取り払う必要があります。

あなたが身につける準備として、迎え入れた石は必ず浄化してください。